2008年02月18日

"公開"するときに覚えておきたい3つのこと

最近ブログ界隈では「自己を晒す」ことに対する評価が見られる。

先日、創造性工学研究所の三原さんとお話する機会があった。まぁ三原さんとは縁浅からぬ感じですけど;-p

彼はTRIZという問題解決をシステマティックに行う手法のコンサルタントをしている。そしてその手法について惜しげなくノウハウを伝えてくれる。

「そんな風に何でも教えてしまって、困ることはありませんか」

ある人がたずねた。彼は

「私の教えている内容は常に前進しています。教えたことはすぐに古いものになるでしょう。ですから教わった側も教わったものに留まっていては困ります。その先が重要なのです。もちろん私もさらにその先に行きます」

と、いうような答えをしていた。これについてかっこいい!と思うと同時に、自分もこうでなければいけないと思った。

・重要なのは自分だけが生み出せる価値。それを生み出し続けること
・公開すればgive and takeができる(三原さんにとっての"公開"はインターネットに公開とは違うかもしれないが)
・数年先の業界地図など誰も描けないような変化の激しい業界では「今」持っているものはすぐに古くなる

いま持っているものに固執してもダメなんだなと思い知ったひとときでした。
posted by りゃま at 21:28| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。